母の日
FC2ブログ

DSC00334.jpg

ヒラメが釣れるジャークペンシルCD100、CD130。
S字系ルアーを目標に開発され、WOODが採用された訳ですが、

今回のメタルジグは泳ぐスイミングジグが開発目標です。
釣れるスイミングHAOLIでスタートはしたものの、所詮はメタルジグ。
で、求めた課題がいくつかあった訳で、進めていくと。

① スイミング始動するスピードが速すぎる。
② ジグを通す深さ(底近く)をトレースできない。
③ 歩くスピードで誘いにくい。
④ 浮遊感を表現できない。

もっとスローに動かせて、浮き上がるジグでないとダメ!
ミノーと同等のウオブリングするジグがいる訳ですね、

それらを可能にしたテストモデルがこれです。
メタルジグにポリカの羽を合致させたメタルジグ。

スイミングの時はポリカ面を背中にして泳ぐジグ。
DSC00335.jpg
背面側の画像(ポリカ面)
DSC00336.jpg

でもですね、作るのがメッチャクチャ難しくて工場で格闘しています。

これからベストシーズンに入り、釣りまくりますが、
お客さんにも釣って頂きたくて、もう一度生産工程を模索します。

画像は34g85mmと46g94mmで、
その名はモモンガ(仮名)です。



スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://lamblebait.blog87.fc2.com/tb.php/389-abbf014a