母の日
FC2ブログ
渓流WOOD・HAOLI 49s 64s
HAOLI49s64s_20180124182602868.jpg
卍138
DSC00251 (1)

上記の2アイテム、出荷開始しました。

2アイテム共、少量ですが在庫がございます。

ご用命はお近くのショップ様にお問い合わせください。

よろしくお願いします。


スポンサーサイト
久しぶりに友金君から釣果報告を頂きました。
舞鶴湾の冠島付近はシケ模様で沖に行けなかったようですが、
遊漁船が撤収する中、友人のプレジャーボードで出陣!
湾内にイワシが多く、楽しいジギングだったようです。
お決まりのタチウオ擬き135gで良型サワラを含め、短時間の爆釣を味わい、喜びの報告でしたo(^▽^)o
彼の使い方と誘いのスピードが良いみたいで、殉職も少なく釣果の半分が彼の釣果!
トレプルフックがサワラの口の動きを封じる作戦が良かったようです。

20180122172814.jpg

20180122172711.jpg
タチウオ擬き
tachi09.jpg




生産状況のご報告です。

アルミジグ フラットHAOLI・Ⅱは、1月の完成予定でしたが、2月に変更いたします。
出荷も2月から3月にかけて、順次出荷いたします。
アルミジグ

エアージグも2月完成の予定で鋭意生産中です。
エアージグ

新製品の2アイテム。
出荷が始まりましたらブログにてご報告いたします。

大変遅れて申し訳御座いません。

よろしくお願いいたします。





約1年前、鉛より比重が軽いジグが欲しい。
テスター仲間もイイね~!欲しい!作ろう~!と意気込んでスタート!
ところがこの1年間、試作はことごとく廃棄の連続でした。

そんな中、アルミジグ【フラットハオリⅡ】も納得できるジグに成長し、
今日ご紹介するロングジグも、凄腕仲間の発想から誕生しました。
結果は、山口県、日本海、瀬戸内海で高釣果を記録して完成したジグです。

今日発表のハイブリッドジグ!その名は  
AIR-JIG 
浮力室


エアージグの特徴は。
ジグの背面に複数の浮力体が内臓されたジグ
 PAT.P

フィールドで得た情報からエアージグの特徴をご紹介します。
1、背面の浮力体が回転しない浮遊感とダート性能を可能にし、
  深場の横移動も、への字エッジの効いたスローな入力で簡単に行える。
2、ドテラ流しで生命感を演出でき、棚を意識した攻略が効く。
3、浮力体は各サイズ専用設計!質量をベストポジションに搭載され
  沈下速度も速く、バーチカルでオオマサ狙いに有効。
4、裏面に、窪みと2本のキールを搭載!暴れすぎないスイミングを発揮。
5、良く飛ぶダート性能を、少し弱くしたワンピッチが効く。
6、凄腕仲間と、玄界灘日本海で釣行を重ね、
  本命のヒラマサや青物に高釣果を記録したハイブリッドジグ。
 

110g 現在テスト中
150g 170mm 税抜き定価1750円
170g 204mm 税抜き定価1900円
190g 216mm 税抜き定価2200円
215g 230mm 税抜き定価2300円
240g 現在テスト中

カラー、形状など詳細はHPをご覧ください。

110g、240gは、テスト終了後の発表です。

2018年2月に、リリースを開始します。







2018.01.02 新年のご挨拶
新年おめでとうございます。

 昨年は弊社ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。

 今年ランブルベイトは新製品が沢山登場します。

 年末からお正月も、金型製作の為に出社していました。

 今日2日に新しいメタルジグが出来上がり、最終チェックを済ませる事が出来て一安心。

 釣り仲間と試作テストを始めてから約1年、長いようであり又早い1年でした。

 新製品のアルミジグ、近日発表のAIR-JIGなどご期待ください。

 本年もどうぞよろしく。

 201005161729134fc-224x300 (1)