母の日
NEW HAORI・ジャークペンシルCD100

少量ですが一部出荷が始まりました。
次期生産も進んでおり、完成次第出荷していきます。
次回は3月中旬を予定しています。
もうしばらくお待ちください。

ジャークイワシ



今日はお客様よりご質問を頂きました、有難うございます。
100・CDと130・CDのフックのご質問ですが
130CDに3番装着はどうでしょうか?の内容でした。
S字系アクションルアーなので、動きが気になったようです。

ご返事は下記の内容です。

CD100はST46・4とMH4が一番動きがいいです!
CD130はST56・2とMH2で動きも良いし、青物もシーバスもフッキングが確実です!

フックが海底に着いても、WOOD浮力で水平姿勢で立っていますが、
根が荒いポイントでは、上記より大きいフックは怖いですね!

上記より大きいフックは超スローリトリーブが効かなくなるだけで、
ナブラ打ちには大きいフックも必要です。

フック&スプリットリングはあくまで標準で指定しています。
推奨ですので、フィールドに合わせて色々試してください。

ランブル伊藤



WOODの浮力によるスイム姿勢は、海底で水平姿勢で立っています!
根かがりも少なく、大胆に攻めてください。

あくまで海の釣行です、河口や淡水のデータではありませんよ。(´∀`*)


スポンサーサイト
今日も寒~い!瀬戸内海!(^-^)/
で、サーフキャスティングも一休みです。
今度の釣行に、体調を整えるにはイイですね!

今日も排気ダクトがフル稼働してる工房は、ぜんぜん温まりませんが、
大型ストーブや暖気ファン3機で、スタッフに頑張ってもらってます!
HAOLI・ジャークペンシルCD13cmと10cm、順調に進んでいます。
完成は予定通りの2月中旬以降!
遠赤焼付けコーティングの時間を夏の2倍かけてハードコートします。

中工程に入ったジャークペンシルCDタイプ。
1485325026607.jpg

1485323709177.jpg
電子ハカリにWOODボディーとウエイトをおいて、
16.6g以上17.1g未満で、専用ウエイトを入魂!
誤差の無い重要な仕事は、一人の方が担当しています。
1485323706320.jpg

2,3日後に、浜へ行ってみます。
キャストしなきゃ魚に会えないもんね~!(´∀`*)


先日のヒラメ56cmをさばいて見ると、大きいサッパが入っていました。
18cmを丸呑みするフィッシュイーターですね!リアルな歯型も凄いです。
ヒットルアーはジャークペンシルCD10cmですが、
CD18cmでも食ってきたんじゃないかと・・・?
サッパの形に似ているし、興味深い出来事です。

これが18cmのサッパの写真です。
ジャークペンシルに似てますね!ご覧ください。

170121_1622~01

ジャークイワシ





2013.02.11 可愛い写真


香川県から釣行写真が届きました。

キャスティングハオリで釣れた可愛い写真ですよ




バスから海へ徐々にシフトして10年、今では冬はメバル、その他のシーズンはキジハタをメインに、100%海でのルアーフィッシングを楽しんでいます。

オフショアジギングで御社のカンパチハオリ、F2などのお世話になり、スローピッチの凄さも体験したのを経て、メバルをスローピッチで釣るべくジグを手当たり次第に使ってみたところ、キャスティングハオリにたどり着きました。

ちなみに、手に入る3g、5gは両方とも愛用中で、こんなチビまで掛かるあたり、恐ろしいなと思っています。
写真のジグは3gです。


香川県の多田秀和様、綺麗な写真を有難うございました。
次回の釣行写真も楽しみにしてます


3g.jpg



5g.jpg
昨日のボート釣り釣行記、その後日談です。
CA3063.jpg

カワハギ仕掛けに「電撃マジ」を装着していた友人、カワハギを釣っている合間に
青物と思われるヒットがあったそう。
「仕掛けを落としたら、スーッと船の下の方に仕掛けを持っていかれた」そうですが、
寒さで凍えていたせいで、急な引きに驚いているうちに、フッキング失敗。
「多分ショゴかイナダだったような・・・」とのことです。あーっ惜しい!!

この日は鳥山がポツポツ発生しては浅い入り江の中を移動していたのですが、
ボート屋のご主人から「その下には必ず青物が居るから、近づいたらスグに投げられ
るようにしておいたほうが良いよ」と言われていました。
このヒット時も、まさに鳥山がこちらに移動してきた瞬間でしたが、残念…。
でも、『電撃マジ』のキャッチコピー“落とせば釣れる!”が良くわかりました。
いい感じです。
天候に恵まれていたら、カワハギサビキジグでもうちょっと遊びたかったですねえ。
千葉県内房の手漕ぎボート釣りも、いよいよシーズン終盤。
今年最後のボート釣りを楽しもうと、千葉県内房の富浦へ行ってきました!

が、寒い!朝からくじけそうな海です。
風ビュービュー&雨ザーザーで、おまけに今日は今年一番の冷え込みときました。
今回は、いつもどおり『つりボートおきむら』さんの船を利用させていただきましたが、
手漕ぎボートは風や波に大きく影響されるため、他の入り江では出航できなかったり
する始末。残念ながら今回はボートに乗れず帰っていく釣り人も居る状態で、はたして
大丈夫なんでしょうか?

今回はこんな状況なので、ライトジギングは諦めるしかない・・。
こうなれば、サビキジグの登場です!
アジのポイントへ向かって、サビジグの準備開始ー。

準備といっても、サビキの末端にハオリジグ1ozを装着するだけ。
寒くて手が動きにくくても、コマセを使わず簡単なので楽々です♪
アジが居る浅めのポイント(5~10m)で、ゆっくり落として上下に動かすこと数回、クンッと
したアタリでロッドが走る!
いきなり美味しそうなアジがヒットです!
081108_0744~0001
なんだか血まみれでスミマセン。大暴れだったもので…

隣で釣っていた友人(野池バサー)は、『真鯛ハオリ』を装着して一投目からアジをゲット!
ここから続々とヒットを続け、アジが連発しました。
夕飯分は即効で確保です。素晴らしい釣果!!

私はどういうわけか、この後はずっと外道ばかりをヒット。
CA280071-0001.jpg
ベラだとか。
CA280073-0002.jpg
マイクロカサゴだとか。
カサゴ、のけぞってます。笑
ハオリに反応して出てきたんでしょうか。
ネンブツダイも爆釣してしまい、苦笑いの連続でした・・。

ただ、他の船よりもヒットの確率は高いようで、これもサビキジグの効果か?と嬉しい気分です。

そんなふうに私が情けなく南国の魚たちと戯れていると、エサに切り替えていた友人のロッドに
良いアタリが!
グンッとした引き込み、テンポの良い引き、これはカワハギです!
CA3A0060.jpg
ワッペンサイズ確保!
友人が使用していたのは、カワハギの胴付き仕掛けに、『電撃マジ』をセットした仕掛け。
キラキラとよく走るので、海の中での集魚性は抜群なようです。

と、またもや大きなアタリが!

カワハギのアタリは独特で、フッキングしてからの引きもとても楽しい♪
今度はちょっと大きめ?

CA3A0062.jpg
良型カワハギ、ゲットしましたー!!


寒空の下、雨風が強くなってきたので名残惜しいのですが早上がりで終了。
釣果は短時間ながら食べきれないほど釣れたので、とにかく満足ですね。
今年最後のボート釣り、青物とアオリのためのジグは使えませんでしたが、サビキジグで
十分楽しませてもらいました。

アジもカワハギも、刺身にして最高でした!!

ジグの新しい遊び方、サビキジグ。これはジギングの合間にもオススメですよ!
この週末は千葉内房でボート釣りに行ってきます!
青物シーズンもそろそろ終わり、冬の海に変わってきていますがとりあえず、
↓このあたりをピックアップして持っていく予定。
CA280070.jpg
ハオリF2電撃マジリトル真烏賊はおりダーティングハオリ、etc.
手漕ぎボートなのでライトに投げて遊んできますね。

そして、今のボート釣りターゲットはアジとカワハギがメイン?ということで
サビキジグもこっそりと準備中~。

この夏の小浜釣行では大成功だったサビキジグ。
内房の海ではどんな釣果が期待できるか楽しみです!

しかしながら天気が心配・・・
今日も海のコンディションが悪いようで、ボートを出せるか微妙なところ。
最悪、陸っぱりで頑張るか?
神様~