母の日

工房の在庫室からアンナポップ70を出してきた。

最後に製作したのが17年前になるんですね・・・。

WOODブランクを整理しながら、あるユーザー様の熱い再販のご要望にお答えしなければ・・・と。

100個余りをテーブルに置いて、再検査して合格品を選別した写真がこれ。

DSC00173.jpg



今でも仲間達と「エサ」と呼ばれている、「使ってはいけない」と、言われたアンナポップ70。


もう作るしかないでしょ!!

今回は2色程の生産予定でスタートします!
完成日とカラーは、後日ブログで発表致します。
よろしくお願いします。

ランブルベイト伊藤






スポンサーサイト
茨城野池バサーのY氏から、元気なバスの画像が到着!
激スレのミニ野池で、朝にアンナポップでget!
090418_0938~02サイズは30cmくらいとのこと。
元気な春バスですねー。
いつもありがとうございます

暖かくなって、早朝の釣りが気持ち良い季節。
朝もやの中でバスを釣りあげて、昼は汗をかきながら日焼けして・・。
最高のシーズンです。冬はお休みしていたみなさんも、もうすぐGW、釣りにでかけましょう!
関東陸っぱりバサーより、茨城釣行の釣果が届きました!
トップの釣りが熱い季節、今回も元気の良いバスに出会えたようです。


<以下はフィールドファミリーからの釣行記>
夕方4時に到着。
スピニングリールを修理に出したので今日はベイトタックルのみ。
スピナベとクランクを投げるがアタリなし・・・
薄っすらと暗くなってきたので、アンナポップに付け替えると1投目でシュパッ
が、フックアップせず。
真っ暗になってきたけど、頑張ってインレット(と呼べるほどじゃないけど)付近
でスースーとやってると・・・・
バコーン
水柱をあげる激しいバイト!
ずっしり感があって、よく走る
岩の裏に逃げようとしたり、目の前でも暴走。
そして上がってきたのはコチラ↓
5156afca3695603f3cbcef506064c610[1]
1251dfe0f17a522ab3af73877a955d14[1]

釣行記は以上です!
ギリギリ40UPには満たないサイズだったそうですが、ナイスなプロポーションのバス。
良い感じですねー。

ヒットルアーは「アンナポップ」のオレンジキャベツでした。
この色は昔からファンが多いカラーです。
2008.10.08 茨城野池
関東もかなり涼しくなってきました。
キンモクセイも咲いて、もう夕方は寒いです。

となれば、いよいよ秋バスシーズン。
茨城の某野池へ夕マズメ釣行へ行って来ました!

ここはとにかく高プレッシャー、そして激スレの池。
まずはリズ50を投入して巻く、カラーを変えて巻くを繰り返し、最終的にアタリのあった
リズ50・ジェットブラックでデッドスロー&ストップを続けます。
(このカラーはマッディな野池におすすめ!)

ピリピリ動かしながら、ゆっくり巻いているとゆったりとした魚影が!そしてヒット!かなりデカい!
足元まで寄せてバスを見ると45cmは超えた綺麗なバス
しかしながら、そんな姿に見とれているうちにバスが大暴れし、バチャンッ。
ランディングでバラシてしまいました…。
なんとも悔しい結果に・・・。このポイントは次回リベンジです。


17時、だんだん暗くなってきたところでトップウォータープラグを投入。
トップで釣るのは相当難しいフィールドなのですが、暗くなったらポッパーでチャレンジです。
この日選んだのは、アンナポップ70・カモフラージュゴールド!

水面に少し浮かんで見える岩と岩の間をスースーと・・・ガボッ!
出ました!
PA050003.jpg
かわいいサイズの元気なバス!
やりましたー!
ここはトップが難しい場所なので、20cmでも嬉しいのです。
ヒットパターンは、スプラッシュやポップ音は抑え目に、一定スピードでスキーイング。
この日は一日中バサーが多かったので、ペンシルベイトのようなアクションで、静かにバスを誘いました。

アンナポップは元々のモデルがペンシルベイトの改良版。
だからポッパーとしてだけではなく、こうやってペンシルベイトのようなアクションが可能なんですねー。

とにかく、
トップの釣りは面白い!!
秋はハードルアーの出番ですよー。